ipsコスメティックスで紫外線の知識を深める!UVケアクリームの重要性

潤いのある素肌になるために紫外線についての知識を深めよう

ipsコスメティックスの「[P.P.6]IPSエッセンスUV」は、紫外線から肌を守る効果が非常に高いUVプロテクションクリームです。

現代では、ほとんどの方が紫外線と聞くと何となく人体に悪いものという認識を持っており、実際に紫外線対策を行っている方も多いかと思いますが、
紫外線についての正しい知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、ここでは紫外線の知識を深めるための情報をご紹介します。

太陽から降り注ぐ光には、人間の目に見える光以外にも様々な波長の光が
含まれています。

紫外線は、人間の目に見える光よりも波長が短い光のことで、波長の長さに
よってさらにUVA・UVB・UVCという3種類に分けられます。

3種類の紫外線の中で最も人体に悪影響を及ぼすのは、波長が最も短いUVCですが、
太陽光に含まれるUVCのほとんどは大気層で吸収されてしまうため、地表に降り
注ぐことはありません。

紫外線の知識

また、UVBの多くも大気層で吸収されるものの、その一部は地表まで到達します。

そして、3種類の紫外線の中で最も波長が長いUVAは、地表に届く紫外線の
約95%を占めるとされています。

つまり、UVAとUVBを徹底的にブロックすることが私たちが行うべき紫外線対策
ということです。

UVAとUVBが人体に与える影響は、UVCほど大きくはありません。
しかし、これら2種類の紫外線は、メラニン色素の生成を促進してシミやソバカスの
原因となります。

また、UVBはサンバーンと呼ばれる日焼けによる炎症反応や、サンタンと呼ばれる
色素沈着反応を引き起こすことに加えて、肌の表皮細胞やDNAを傷つけるとされています。

一方の、UVAは物質を透過しやすいという性質があるため、肌の奥深くの真皮と
いう層まで到達して繊維芽細胞にダメージを与えます。

繊維芽細胞は、肌の弾力を保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸などを生成する細胞です。

そのため、繊維芽細胞がダメージを受けると、肌の弾力が失われてしまいシワや
たるみの原因となります。

さらに、UBAは皮膚がんなどの病気を引き起こすとも言われています。

このように、UVAやUVBは肌の老化を引き起こす大きな原因となります。
肌の老化は、加齢によっても徐々に進行していきますが、加齢は肌の老化の原因の
2割程度でしかなく、残りの8割は紫外線による影響と言われています。

そのため、肌の老化を防ぐには常日頃から紫外線対策を欠かさないことが重要です。

ipsコスメティックスの「[P.P.6]IPSエッセンスUV」は、2種類の紫外線吸収剤が
カプセル化されており、UVAとUVBを強力にブロックします。

そのため、ipsコスメティックスの「[P.P.6]IPSエッセンスUV」を使用すれば、
肌老化の進行を遅らせることが可能となります。

 

UVケアクリームの重要性について

上記の通り、紫外線は肌の老化を進行させる大きな原因となりますが、
多くの方は夏場になると紫外線量が多くなるというイメージを持って
いるのではないでしょうか。

確かに、冬場よりも夏場の方が紫外線量は多くなりますが、特にUVAは7月や8月の
真夏だけでなく5月にも多く降り注いでいます。

加えて、冬場であっても夏場の1/3ほどの量の紫外線が地表に到達します。

紫外線による肌へのダメージは蓄積されていくものなので、冬場だからと言って
油断してはいけません。

また、地表に到達する紫外線量は、1990年の観測開始以降増加傾向にあります。
そのため、紫外線から身を守るには季節を問わずに十分な対策を行うことが重要です。

晴れても曇りでも

さらに、晴れ以外の日に紫外線対策が疎かになってしまっている方も多いかと
思いますが、曇りや雨の日であっても紫外線は一定量降り注いでいます。

快晴の時と比べると、うす曇りの場合は約80~90%、曇りの場合は約60%、
雨の場合でも約30%の量の紫外線が地表まで到達するとされています。

特に、UVAは雲などの影響を受けずに地表まで到達しますし、窓ガラスなども
透過するため、「晴れていないから」「外出しないから」と油断してしまうと
肌にダメージを受けてしまうことになります。

加えて、たとえ短時間であっても紫外線を浴びると、肌へのダメージは蓄積されて
いくので、ベランダや庭に洗濯物を干す際やゴミ出しの際であっても注意が必要です。

以上のように、紫外線は季節や天気を問わずに降り注いでいるため、いつまでも
若々しい肌を保つためには、常日頃からUVケアクリームなどの日焼け止め製品を
使用することが大切です。

日焼け止め製品には、UVBの防止効果を示すSPFと、UVAを防止する効果を示す
PAという2つの指標が表示されています。

SPFは、数値が大きくなるほどUVBの防止効果が高いことを意味しており、
最高値は「SPF50+」です。

一方の、PAは「+」マークの数がUVAの防止効果の高さを示しており、
最高値は「PA++++」となっています。

ipsコスメティックスの「[P.P.6]IPSエッセンスUV」は、「SPF50+」かつ「PA++++」の
UVケアクリームとなっているため、2種類の紫外線を強力にブロックしてくれます。

加えて、ipsコスメティックスが独自に開発した「テトラナノプラチナ」という成分が
配合されているのも、「[P.P.6]IPSエッセンスUV」の特徴です。

「テトラナノプラチナ」は、プラチナと4種類の美肌ケア成分が複合された
整肌成分となります。

単に紫外線から肌を守ってくれるだけでなく、美肌効果も得られるのが、
ipsコスメティックスの「[P.P.6]IPSエッセンスUV」の最大の特徴となります。