肌のターンオーバーを促進します

潤いのある素肌になるために使う保湿は、私ならipsコスメティックス 美肌は眠ってる間に作られるとも言われてます。
睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーを促進します。

美しい肌を維持するためには、寝る前のスキンケアが重要です。
特に夜の10時~2時はゴールデンタイムといわれて、肌の再生力も高いそうです。
出来るだけこの時間にかぶせて、しっかり休むようにしましょう。

手軽にケアできる製品

IPSコスメティックスのIPSエッセンスは、夜用の美容液です。
1日の肌ダメージをリセットし、肌のリカバリー機能を助けるアルニカエキスを配合しています。
アルニカエキスは、キク科の植物である、アルニカの花や根っこなどから取れる天然の植物エキスです。

沈静や保湿、収れん、抗炎症作用があり、肌荒れなどのトラブルを防いでくれます。
アルニカエキスには、フラボノイド、サポニン、タンニンなどの成分が含まれてるので、
抗酸化作用や血行促進作用があり、老化抑制などのアンチエイジング効果も期待できます。

IPSコスメティックスのIPSエッセンスは、オトギリソウやセイヨウキズタ、オウゴンエキスなど、
様々な植物抽出成分を、独自にブレンドし配合しています。
スクワランや、ホホバ種子油、ローズマリーエキス、コメ発酵液など、数種類の保湿美肌成分をバランス良く配合。

IPSコスメティックスの夜用美容液は、洗顔後、肌に浸透させることで、翌朝、ハリや弾力の有る肌へと近づけてくれます。

眠っている間に美しい肌を作る。
一番簡単で手軽な方法ではないでしょうか。
ですから眠る前のひと手間には良いものを選びたいと思います。

良い睡眠とは?睡眠がもたらす体への効果は?

現代の人々は慢性的な睡眠不足に陥っているとされています。
理由としては忙しくてしっかりと眠る時間が取れないとか、精神的になかなか寝付けないなど
様々なことが挙げられますが、それらのほとんどは「良い睡眠」で解決できる可能性があります。

日本人の平均睡眠時間は6~7時間程度といわれていますが、その時間は年々減ってきているようです。
NHKの調査により発表された2001年2月の時点では、7~8時間ほどあったとされる睡眠時間が
2014年には6時間を下回っています。

これは世界的に見てもかなり少なく、いかに眠る時間が減っているかを物語っています。
様々な理由で眠る時間が取れない場合には、睡眠自体の質を高めることが効果的です。

質の良い睡眠を心掛けることで、日々の疲れを取り除いたり、身体的・精神的な
傷や病に対する自然治癒力が高まったり、あるいは精神が安定することで
さらに質の高い睡眠を取ることも可能となるでしょう。

対策としてたとえば寝る前に極力食べ物を食べない、ホットミルクなどの飲み物を摂取する、
寝る直前にスマートフォンやテレビなどを見ないことなどの心掛けが重要です。

最近では睡眠に関しるアドバイスや治療を行ってくれる外来や専門機関もあるため、積極的に活用していきましょう。

快眠への環境をつくる

アニオンエアの効果
また、IPSコスメティックスにはアニオンエアという電子機器があり、これは部屋中に大量の電子を
発生させることで、森林の中にいるかのようなリラックス空間を作り出してくれるのです。

IPSコスメティックスのアニオンエアと美容液を活用することで、誰もが羨む
美肌へと近づいていくことができるでしょう。