肌のターンオーバーを促進します

潤いのある素肌になるために美肌は眠ってる間に作られるとも言われてます。
睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーを促進します。

美しい肌を維持するためには、寝る前のスキンケアが重要です。特に夜の10時~2時はゴールデンタイムといわれて、肌の再生力も高いそうです。

できるだけこの時間は、しっかり休むようにしましょう。

手軽にケアできる製品

IPSコスメティックスのIPSエッセンスは、夜用の美容液です。
1日の肌ダメージをリセットし肌のリカバリー機能を助けるアルニカエキスを配合しています。

アルニカエキスは、キク科の植物である、アルニカの花や根っこなどから
取れる天然の植物エキスです。

沈静や保湿、収れん、抗炎症作用があり、肌荒れなどのトラブルを防いでくれます。

アルニカエキスには、フラボノイド、サポニン、タンニンなどの成分が含まれてるので、
抗酸化作用や血行促進作用があり、老化抑制などのアンチエイジング効果も期待できます。

夜用美容液IPSコスメティックスのIPSエッセンスは、オトギリソウや
セイヨウキズタ、オウゴンエキスなど、様々な植物抽出成分を
独自にブレンドし配合しています。

また、スクワランや、ホホバ種子油、ローズマリーエキス、
コメ発酵液など、数種類の保湿美肌成分をバランス良く配合しています。

IPSコスメティックスの夜用美容液(スキンケアで使うならIPSコスメティックス)は、
洗顔後、肌に浸透させることで、翌朝、ハリや弾力の有る肌へと近づけてくれます。

眠っている間に美しい肌を作る。
一番簡単で手軽な方法ではないでしょうか。
ですから眠る前のひと手間には良いものを選びたいと思います。

良い睡眠とは?睡眠がもたらす体への効果は?

現代の人々は慢性的な睡眠不足に陥っているとされています。
理由としては忙しくてしっかりと眠る時間が取れないとか、精神的になかなか寝付けない
など様々なことが挙げられますが、それらのほとんどは「良い睡眠」で解決できる可能性
があります。

日本人の平均睡眠時間は6~7時間程度といわれていますが、その時間は年々減ってきて
いるようです。

質の良い睡眠

NHKの調査により発表された2001年2月の時点では、7~8時間ほどあったとされる
睡眠時間が2014年には6時間を下回っています。

これは世界的に見てもかなり少なく、いかに眠る時間が減っているかを物語っています。
様々な理由で眠る時間が取れない場合には、睡眠自体の質を高めることが効果的です。

質の良い睡眠を心掛けることで、日々の疲れを取り除いたり、身体的・精神的な
傷や病に対する自然治癒力が高まったり、あるいは精神が安定することで
さらに質の高い睡眠を取ることも可能となるでしょう。

 

対策として例えば寝る前に極力食べ物を食べない、ホットミルクなどの飲み物を摂取する、
寝る直前にスマートフォンやテレビなどを見ないことなどの心掛けが重要です。

最近では睡眠に関するアドバイスや治療を行ってくれる外来や専門機関もあるため、
積極的に活用していきましょう。

 

快眠への環境をつくる

アニオンエアの効果また、IPSコスメティックスにはアニオンエアという
電子機器があり、これは部屋中に大量の電子を発生
させることで、森林の中にいるかのようなリラックス空間
を作り出してくれるのです。

IPSコスメティックスのアニオンエアと美容液を活用することで、誰もが羨む
美肌へと近づいていくことができるでしょう。

 

老化の原因とアンチエイジングに効果がある成分

年齢と共に疲れやすくなったり今までは気にならなかったところに贅肉がつきはじめたりと、
老化を感じているという方も多いのではないでしょうか。

老化というと体の変化が気になるという方も多いと思いますが、肌のトラブルも老化の
一つと言えます。

肌が老化してトラブルを抱えてしまうと、一気に老けて見える原因にもなりかねないので、
ケアは怠らずに行っていきたいものですが、そもそも肌が老化する原因にはどのようなもの
があるのか知っておけば、予防もしやすくなります。

老化と一言で言っても色々と原因はありますが、その中のひとつに肌の健康を保つ成分などを
分泌する力が衰えるというものです。

老化が気になる

若いころは何もしなくても内側から勝手に分泌されていたものが、知らないうちに生み出せ
なくなると、肌が本来の機能を発揮できなくなっていきます。

年齢と共に体内での生成が難しくなる代表的な成分のひとつが、肌のハリを保つ働きをして
くれるコラーゲンです。

若いうちは体内で自然と生成されているので問題ありませんが、減少するとそれがシワや
たるみの原因となってしまいます。

シワやたるみなどが気になるという方は、自ら意識して補ってあげることが大切です。

また同時に大切となってくるのが、エラスチンというものです。
エラスチンは肌のハリを保つコラーゲンを固定して支えてくれるものなので、
同じく減少することでシワなどの原因となってしまう可能性があります。

2つの成分をどちらも補うことで、より肌の機能を回復させることができるかもしれません。

また老化と共に減少してしまう代表的な成分に、ヒアルロン酸というものもあります。
ヒアルロン酸は肌の水分を保持する働きをする成分なので、減少することで乾燥などの
トラブルを引き起こし、それがくすみやシワになってしまう可能性があります。

また肌が乾燥することで老化の原因となり得る化学物質やウイルス、紫外線などの
トラブルの影響を受けやすくなってしまいます。

肌の機能を正常に保つためにも、IPSコスメティックスの化粧水の水分をたっぷり含んだふっくらした肌を作ってあげることも、
アンチエイジング対策になります。

今までは意識していなくても美肌を保てていたという方でも、老化とともにどんどん必要な
成分を生成する機能が衰えていき、気づいたら肌トラブルを多数抱えてしまっているという
ことにもなりかねません。

まだそこまで衰えを感じていないという方こそ、今のうちから必要な成分をたっぷり
取り込んでおくことが重要です。

 

抗酸化成分を取り入れたいならビタミンC誘導体に注目

肌が老化してしまう原因は、肌の機能を正常に保つ成分を生成する能力が衰えてきたり、
外的ダメージを受けてしまったりするところにありますが、もう一つ代表的な原因として
肌が酸化してしまうというものがあります。

人は呼吸をすることによって体内に酸素を取り込んでいますが、時間がたつにつれて
肌が酸化してしまうと、サビが生じているのと同じ状態になってしまいます。

通常酸化は日常生活で普通に生じているものであり、そこまで大きな問題とはなりませんが、
そこに紫外線や喫煙、ストレスなどの外的ダメージが生じることによって、活性酸素を生じ
させてしまい、それが酸化を進行させることに繋がってしまいます。

それでもどうしても呼吸をしないと生きていけないので、肌を酸化させない抗酸化対策を
していく必要があります。

抗酸化の成分として取り入れてほしいのが、ビタミンC誘導体です。
ビタミンCが肌にいい成分というのは広く知られていることですが、実はビタミンC自体は
とても壊れやすい成分なので、肌の奥底に届いて抗酸化機能を発揮する前に壊れてしまう
こともあります。

ビタミンC誘導体は壊れやすいビタミンCの成分を浸透しやすいように変えたものなので、
より確実に良い成分を肌の奥にまで届けることが出来ます。

抗酸化の効果を発揮してくれることはもちろん、アンチエイジングに欠かせないハリを
保つ成分の生成や美白効果まで期待できるので、総合的に肌の老化を防ぐのに貢献して
くれる成分でもあります。

アンチエイジングを始めたいという方は、ぜひ率先してとってほしい成分の一つと言えます。

さらに抗酸化効果のある成分として注目されているのが、アスタキサンチンです。
魚介類に含まれる成分であるアスタキサンチンは、抗酸化力がとても高い成分として
注目を集めています。

紫外線から細胞を守る効果も発揮するので、これから受ける外的トラブルから肌を守って
老化を防止する効果もあります。

同じく抗酸化作用の強い甘草エキスも、老化防止にいい成分として人気となっています。

抗酸化の他に肌荒れやニキビをケアする成分としてもしられているので、肌荒れを
起こしてしまった時や季節の変わり目などに特に積極的にとりたい成分です。

肌が酸化してしまうと、細胞や遺伝子を傷つけて老化を進行させてしまいかねません。

日々のスキンケアIPSコスメティックスの化粧品で日ごろ手入れを意識して抗酸化作用の強い成分を取り入れて、いつまでも透明感も
ハリもある美肌を保てるようなアンチエイジングをできるだけ早めに始めることを
おすすめします。