涙袋や老廃物を取る

潤いのある素肌になるために女性が若さと美しさを維持するには、肌を良い状態に保つ事が重要です。
どんなにお洒落な服や装飾品で着飾ったとしても、肌にシミやシワが目立つ様だと美しく見られるのは困難だったりします。

女性が美しい自分で居続けるには、肌のお手入れを上手に行わなければなりません。

肌に悪影響を及ぼす要素として特に注意が必要なのが、紫外線です。

紫外線は太陽光に含まれているので、どうしても日中に浴びてしまいます。
紫外線を浴びると肌にダメージを与えて、シミやシワの原因となるので
紫外線からの悪影響を避けるための対策が必要です。

どこまでもいっても肌荒れなどのスキンケア(スキンケアで使うならIPSコスメティックス)に一番大切なのは保湿です。

スキンタイプとは?日焼けの仕方からわかる肌のタイプ

人間の皮膚は紫外線に対する反応が個人によって異なります。
1975年にトーマス・B・フィッツパトリックが、フィッツパトリックスケールという
様々な種類の皮膚の紫外線に対する反応を評価する方法として開発したのです。

肌の色によってスキンタイプは分けることができ、Iは非常に赤くなりやすく消して黒くならない、
IIは容易に赤くなりわずかに黒くなる、IIIは赤くなった後いつも黒くなる、IVはあまり赤くならずすぐに濃くなります。

日本人の肌はほとんどII〜IVに当てはまります。
Ⅴは滅多に赤くならずに非常に黒くなる、Ⅵは全く赤くならずに非常に黒くなるタイプです。

色が白ければ白いほど赤くなりやすくなりますが、これは紫外線に弱いということでもあります。
そのため外に出るときは日焼け止めや帽子、日傘やサングラス、日傘などを使ってしっかりカバーするおことをオススメします。

紫外線は細胞のDNAを傷つけてしまいます。
何度も繰り返すと皮膚ガンなどを引き越すため、しっかり対策することが大切です。

皮膚がんの症状と治療法は?紫外線曝露も悪性腫瘍の原因になりうる

皮膚は、外側から表皮・真皮・皮下組織という3つの層で構成されています。
そして、最も外側の層である表皮は、さらに角質層・顆粒層・有棘(ゆうきょく)層・基底層という
4つの層で構成されているのですが、皮膚に生じる悪性腫瘍である皮膚がんは
基本的に表皮で発生して増殖していきます。

皮膚がんは、表皮のどこに悪性腫瘍が発生したのかによって数多くの種類に
分類されるのですが、日本人の発症率が高いとされているのが基底細胞がんと有棘細胞がんです。

また、悪性度が高いことで知られる悪性黒色腫(メラノーマ)という皮膚がんもあります。

基底細胞がんは、表皮の最下層となる基底層や毛包という毛根を包んでいる細胞から
発生するがんです。ほくろと間違えやすい小さな黒いできものが初期症状として現れて、
数年間をかけて徐々に大きくなっていきますが、その際に表面が崩れて潰瘍化することがあります。

また、発症部位としては、目や鼻の周囲などの顔面であることが多いことから、
長時間の紫外線曝露が主な原因であると考えられています。

なお、基底細胞がんはリンパ節や内蔵へ転移することは稀であるため、命を落とすケースは
少ない皮膚がんとされています。また、主な治療方法は手術による切除です。

有棘細胞がんは、表皮の有棘層を構成する細胞が悪性化したがんです。
高齢者に多くみられる皮膚がんで、紫外線の暴露や火傷、外傷などが原因であることが多く、
顔や手の甲に発症しやすいと言われています。有棘細胞がんの症状は発症部位や原因によって
異なりますが、通常は赤みを帯びた皮膚が盛り上がったような感じとなり、その表面は
ジクジクとただれて出血しやすい状態となります。

症状が進行するとカリフラワーと形容されるような状態となることがあり、細菌が侵入して
二次感染を起こすと悪臭を伴うこともあります。主な治療方法は手術による切除ですが、
症状によっては放射線や薬物による治療が選択されるケースもあります。

メラノーマとも呼ばれる悪性黒色腫は、メラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞から
生じるがんです。初期症状としては、不規則な形状のシミやほくろのようなものや、
色ムラがあるようなほくろのようなものが現れます。

そして、数年をかけて徐々に大きくなっていくのですが、初期段階においては痛みなどの
自覚症状を伴わないことがほとんどのため見過ごされてしまうことが多いです。

しかし、悪性黒色腫は進行するとリンパ節に転移しやすいことが知られており、場合によっては
リンパ節を介して内臓や骨などに転移する可能性もあるため注意が必要です。

悪性黒色腫の治療方法は、基本的には手術が行われますが、術後は再発転移防止のために
薬物が使用されることもあります。また、手術ができないケースなどにおいては、放射線や
薬物による治療が選択されるケースもあります。

がん治療は主に「外科療法」「放射線療法」「化学療法」の三種類


基本的にがんを治療する場合は、外科療法(手術)・放射線療法・化学療法(薬物療法)の
3種類から患者に最適な方法が選択されます。ただし、身体の表面に発症する皮膚がんの場合、
内蔵への転移がなければ外科療法が選択されるのが一般的です。

ただし、皮膚がんの種類によって切除する範囲は異なります。基底細胞がんの場合は、
他の部位への転移の可能性が低いため、病変部の範囲よりも5mm程度大きめに切除すれば
ほとんどのケースで完治します。

有棘細胞がんでは、転移の可能性も考慮して病変部の範囲より5~20mmほど
大きめに切除するのが一般的です。他の部位への転移のリスクが高い悪性黒色腫の場合は、
病変部の範囲より50mm程度大きめに切除します。

なお、リンパ節への転移が認められる場合は、リンパ節郭清というリンパ節を切除する手術も
同時に行われます。また、リンパ節への転移の有無が術前に分かっていない場合は、
術中にセンチネルリンパ節生検が行われることもあります。

センチネルリンパ節生検とは、がんが転移する際に最初に到達するリンパ節を調べる検査で、
この検査によってリンパ節の転移が認められた場合はリンパ節郭清が必要です。

また、手術で切除した範囲が広い場合は、病変部が取り切れたことが顕微鏡検査(病理検査)で
確認された後に、欠損部分を術前に近い見た目にするために植皮術や皮弁術といった
再建術が行われます。

なお、体力面などの問題によって外科手術が困難であったり、他の部位への転移が
認められた場合は、他の2種類の方法による治療が必要です。

放射線療法は、病変部に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる治療方法で、
特に有棘細胞がんに有効な方法とされています。

逆に悪性黒色腫では、効果が得られにくいとされていますが、骨や脳などに
転移している場合において、症状の緩和目的で行われることがあります。

化学療法は主に抗がん剤を使用することで、がん細胞を死滅させたり、増殖を抑制したりする
治療方法で、有棘細胞がんではシスプラチン、悪性黒色腫ではダカルバジンという
抗がん剤を使用するのが一般的です。

また、悪性黒色腫では、治療だけでなく手術後の再発転移予防を目的に抗がん剤が
使用されることがあり、その際はインターフェロンという抗がん剤が用いられます。

ただし、抗がん剤は脱毛や吐き気といった副作用が強く現れるため、患者にとっては
つらい治療となるというデメリットがあります。

紫外線対策にお勧めIPSコスメティックス

紫外線予防

紫外線対策を行うためのスキンケア化粧品([P.P.6] IPSエッセンスUV 容量50g メーカー希望小売価格12,000円+消費税 )として、IPSコスメティックスは魅力的だったりします。
日中用美容液には、日中の紫外線に加えて大気汚染といった
肌に悪影響を与える要因から守る事が可能な成分が含まれているのです。

出掛ける前の洗顔後にこのIPSコスメティックスのUVクリームを肌に馴染ませるだけで、
肌を包み込み日中のダメージから守るバリア機能を得る事が出来ます。

このIPSコスメティックスのUVクリームは、同時に保湿成分により肌を滑らかにして
シワやたるみといった年齢による衰えを目立たなくする効果を得る事が可能です。

IPSコスメティックスは夜用のスキンケア化粧品([P.P.7] IPSモイストナイトクリーム 容量 40g
メーカー希望小売価格10,000円+消費税)も、優れた効果を発揮してくれます。
睡眠中というのは、肌が日中受けたダメージをリセット出来る重要な時間です。

また、IPSコスメティックスの夜用美容液には、肌が本来持つリカバリー能力を
サポートする成分が含まれているので寝ている間に肌を良い状態に改善する事が出来ます。お手入れの方法

夜の洗顔後に肌に馴染ませるだけなので、手軽に効率的な
肌のお手入れ効果を得る事が可能です。

肌のお手入れという観点からすると、洗顔の仕方というのも重要だったりします。

幾らメイク汚れを落とすとはいえ、刺激の強い成分で洗顔すると
肌トラブルを招く恐れがあるので厄介です。

IPSコスメティックスの化粧石鹸([P.P.3] IPSコンディショニングバー容量120g メーカー希望小売価格3,500円+消費税)はキメの細かい泡により、メイク汚れや皮脂を綺麗に洗い流す事が出来ます。

肌に必要な潤いを守りながら、洗い流す事が出来るので肌に余計な刺激を与える事なく洗顔する事が可能です。