ネットでは買えない化粧品

潤いのある素肌になるために使う保湿は、私ならipsコスメティックスipsコスメティックスは化粧品を取り扱っていますが、インターネットでの販売は
一切行われていません。もし、インターネットで販売されているとすれば
それは正規販売製品ではありませんので、品質の面でも購入を避ける必要があります。

通信販売の始まりは売れ残りのアレ!通販の歴史

いわゆる「カタログ雑誌」を通じて商品を販売するという手法を生み出したのは、
1886年アメリカのミネソタ州で駅員をしていた、リチャード・ウォーレン・シアーズだと言われています。

当時は交通網の発達が未熟だったこともあり、都市部で気軽に買い物など出来ない地方の人々は、
高い値段がつけられた商品を行商人などから買うしかできない時代でした。

シアーズはそこに目をつけ、売れ残りの腕時計を安価で買い取り、それをカタログ通販で
販売するという手法を確立します。

「満足できない場合は返金保証する」という対応も評判を呼び、アメリカ全土へと普及していきました。
日本での通販の歴史はさらに早く、シアーズが通販を始めたちょうど10年前、1876年だとされています。

津田仙という農学者が「農業雑誌」で植物の種を販売しました。
シアーズの腕時計のケースのように、こちらも地方に住む人たちに種や苗を販売する手段として広がっていくことになります。

ipsコスメティックスの製品を購入するなら

ipsコスメティックスの化粧品の流通経路は、販社へ卸され、販社から代理店を経て
代理店からプレミアム会員の元に届き、各会員が責任を持って届けるという
システムになっています。

IPSの製品

この独自の流通経路を採用しているipsコスメティックスは、知性と哲学と科学の
3つが交わるところに真の美しさが創造されるという企業理念が社名の由来となっています。

スキンケアとヘアケア、サプリメントを取り扱っていて、スキンケア化粧品は
ハリと透明感のあるエイジレスな肌を目指すことができます。

紫外線に着目する以外にも肌を清めて活かすスキンケアを目指し、
日中用美容液と夜用美容液、化粧石鹸、UVプロテクションクリームが用意されています。日焼け止め

特筆すべきなのは日中美容液と夜用美容液です。日中は紫外線や大気汚染で肌は過酷な環境を強いられます。
その環境から肌を守るために、日中用美容液には独自の複合成分である「AOC6」が入っています。

AOC6とはヒバマタエキスやクレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、
セイヨウキズタ葉・茎エキス、シラカンバ樹液エキスの6種類が独自にブレンドされた成分です。
馴染ませるだけで透明のバリアのような働きをしてくれます。

夜用美容液は「AOC10」成分が入っており、アルニカ花エキスやセイヨウオトギリソウ花・葉・茎エキス、
セイヨウキズタ葉・茎エキス、ハマメリス葉エキス、そしてブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、
キュアベリー、シリカ、アルミナ、酸化鉄となっています。この独自の複合成分により
湧き上がるようなハリや弾力が実感できます。

化粧石鹸からUVプロテクションクリームまで、ipsコスメティックスのシリーズを使うことで
若々しく美しい肌へと時計を巻き戻すことができるかもしれません。